子供のうちに習い事をするメリット

近年は少子化もあり、子供に習い事をさせる傾向は増えていますが、これは子供の身体や脳の発達過程においても理にかなっているといえます。この時期に、体験や学習を通して脳や身体に適切な刺激を与えることで、健やかな発達を促し、潜在能力や可能性が開花しやすくなります。また好奇心が強く、柔軟なため、知識や技術の吸収も旺盛です。

子供に人気の幼児教室TOP3

文房具
no.1

英語教室

英語や英会話の基本を身につけるための教室は人気です。英語の基本となる発音やヒアリング、英単語などを、歌や遊び、ゲームなどを通して、音声やリズムから学ぶことができます。この時期に習うことで、ネイティブスピーカーに近づけるのも魅力です。

no.2

水泳(スイミングスクール)

身体を動かすことで、脳も健やかに発達するともいわれます。幼児期は母親と水につかって遊んで水になじみ、子供たち自身が泳げるようになっていくのも魅力です。運動不足の子が多いといわれるなか、全身運動の水泳は体力や持久力もつきます。

no.3

リトミックやピアノ(音楽教室)

情操教育として、芸術活動としてピアノなどの楽器を習うことで、音感やリズム感を養い、早期教育も出来るのが音楽教室です。幼児期に音楽に合わせて身体を動かすリトミックを行うことで、創造性や表現力、社会性などを身につけるともいわれています。

圧倒的に英語が人気の理由

現代の情報化時代やグローバルな社会を反映して、親が子供に身に付けてほしいスキルとして英語が求められています。語学学習は、年齢が下がる幼児期ほど自然に身につきやすいといわれ、基本的な発音やヒアリングなどを楽しみながら、効率的に学習が可能な時期です。英語が堪能な親も、英語で苦労した親も、いずれにしても子供に習わせたいのが英語なのです。また、親も一緒に英会話を習うという家庭も今は増えてきています。大人向けの英会話スクールは数多く存在しており、また東京都内だけでも数えきれないほどの英会話スクールがあるでしょう。自身に合ったスクールを選ぶことで効率良く習っていくことができます。

幼稚園と幼児教室の違いとは?

幼稚園

幼稚園は満三歳から小学校就学前の児童を対象にしています。同年齢の子供たちが適切で安全な指導のもと、保育と遊びや基礎的な教育を通して、心身の発達を助け、社会性などを身につけるための教育施設です。一般的に、共通の教育課程に基づきます。

幼児教室

幼児教室では、0歳から小学校就学前の乳幼児を対象に幅広く、様々な知育や教育を行います。知力の発達を促し、能力の早期開発をはじめ、情操教育、音楽・英語・運動など特定の分野について習うもの、幼稚園や小学校の受験のためのものもあります。

吸収力が高い子供に習い事をさせることで期待できる効果

勉強する子供

世田谷など特定の地域で、英語など特定の幼児教室を探したい場合は、まず地域の広報やチラシを参照したり、インターネットで検索して候補をピックアップすることから始めましょう。ほとんどの場合、ホームページや案内が掲載されていますが、大切なのは、実際の幼児教室を見学することです。対象年齢やカリキュラム・目的などの内容については、子供にどう学ばせたいのか、自身の希望を明確にしておき、子供と教室との相性も検討します。

ワールド・ファミリー株式会社

無料体験の申し込みを簡単に行なえちゃう!子供や乳児に英語を学ばせてみよう☆