アフターに上手に誘う秘訣とは?

アフターはキャバ嬢から誘うもの?

「アフターは客が誘うもの」と思っているキャバ嬢やホステスがいますが、本当に仕事ができるキャバ嬢やホステスは自分からアフターに誘うことでお客様の好感度をアップさせています。今後の接客に良い形で帰ってくる可能性も高いので、アフターに誘ってみましょう。ただし、誘い方や誘うタイミング、さらに過ごし方次第でそれはリスクにもなるので注意が必要です。

とは言え上手な誘い方をマスターできたら後の同伴や指名につなげることができるのがアフターへ行くことのメリットです。

今回はキャバ嬢の方から上手にアフターに誘う方法について考えてみます。

アフターに誘うべきお客様は?

アフターに誘いたいお客様は、ズバリお金をいっぱいお店で使ってくれる方、好ましい飲み方ができる方、つまり今後の指名や同伴につながる可能性がある方です。

こうしたお客様から指名をもらいたい人は多いため、ライバルを跳ね除けるインパクトのある誘い方が必要となります。お金を店に落としてくれるお客様は、同伴も引き受けてくれる可能性があり、もし指名されたら長時間の滞在や高いお酒の注文などで自分の収入増が期待できます。

自分がその立場になるためにもアフターで少し親密になっておき、他の女性からアドバンテージを奪いたいものです。また、上品に飲んでくれる方、遊び方が上手いお客様も、長く来店してもらいたいですし、そういうお客様とのアフターでは自分も楽しく過ごせるでしょう。

まだ常連とは行かないけど今後自分のお客様にしたい方やフリー客をたくさん掴んでおきたい場合にはチャンスを広げるためにとりあえずアフターをしてみます。部下を引き連れて遊びに来た人や地位、収入の高そうな人は、将来的に良いお客様になるかも知れませんので注目しておきましょう。

スマートに誘うことが大事

アフターの誘い方で嫌がられるのは、強引で自分勝手すぎるタイプです。お客様としては誘われること自体はうれしいと感じますが、ホステスの行きたいお店をごり押しされたり、しつこかったりすると「タダ飯食いに行きたいだけなのか?」と思われてしまいむしろ印象が悪くなってしまいます。

この辺には駆け引きもあって、男性側も女性の心のうちを読もうとしています。そしてあれこれ推測しています。ですのでこちらから誘うなら、押し付けがましくない程度、強引だと思われない程度に「この後いかがですか?」くらいの誘い方に留めておいた方が良いでしょう。断られたら、それ以上は粘らずに「じゃあ、また今度」と一旦引き下がるべきです。

当たり前のことですが、上から目線で「アフターしてあげる」と言う態度はNGとなります。

演出も重要です

忙しいキャバ嬢は人気のキャバ嬢であり、魅力のある女性と判断されます。それ以外でも夢のために習い事をしている、昼の仕事も頑張っているというのは、好感が持てます。

ですので実際に忙しくない人でも忙しさをさりげなくアピールしておきましょう。暇だからアフターへ行こう、では誘われた方も良い感情を持ちません。

アフターに誘う時には、自分は忙しいけどあなたとなら時間を使いたいというスタンス、というか演技を貫くことが大切です。演出して忙しさを見せる必要がありますが、普段から「これを頑張っているんだ~」とか「お客様から誘われて大変」アピールをしておけばお客様が勝手に推測してくれるようになります。

ただし店内であまり暇そうにしていると信憑性がなくなるので、お仕事もしっかりやって「本当に」忙しくなる努力も必要かも知れません。

Author: vipplus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です